karutookaruto(Aタイプラブ主婦りんご)

Aタイプ愛で勝つ!主婦りんご

リーチ目大好物!楽しんで勝つがモットー!!

自己紹介(私の真の姿は誰も知らない)

スポンサーリンク

🔴自己紹介

 

私は約20年のスロット歴を持つ、普段はパート、子育て、家事に追われている、どこにでもいる平凡な主婦でございます。

 

大学生の頃、好きだった人に連れられてスロット屋に足を踏み入れた事が、私のスロット人生への第一歩となります。


スロットをしている間の殆どの期間は、家族・彼氏・友達・会社の同僚等、あらゆる人にバレないように、バレないように、こそこそスロットを打っていました。

旦那とは、今でこそスロットを一緒に行ける仲ではありますが、スロット歴20年のキャリアがあることは伝えておらず、旦那にスロットを教えてもらったことにしています。

 

バレない為には、帽子🎩マスク😷スロット用の服~靴まで用意し、自分のイメージを壊さない様に過ごして参りました。

 

 

そこまでして、スロットにのめり込んでしまった理由の一つに

【リーチ目・技術介入】

と言うものがございます。

 

私は上記のリーチ目・技術介入の楽しさ

取りつかれてしまったのです。

 

 

最初に出会ったのは

4号機時代のHANABIでしたが、

まだまだリーチ目と言う概念がなく、

🎰≪7️⃣7️⃣7️⃣≫🎰

を揃えたら良い。

とだけ認識しておりました。

 

🔔が揃えばコインが増える~🎵

程度の認識でした。

 

しかし、段々とスロットを打ち続ける中で、

≪リーチ目≫

と言う概念を知り

それらを察知することで

7️⃣7️⃣7️⃣が揃えられる事

を知るのです。

 

≪技術介入≫

・小役の取りこぼしをしない

・リプレイ外しをする

・ボーナス察知

・一枚掛けでボーナスを揃える

・・・etc

 

これらを実施することで

【機械割】

を上げられること。

 

つまり

スロット🎰で勝てる確率が上げられる方法がある

と言う事を知りました。

 

 

まず 最初に

リーチ目の楽しさを知った機種

 

パチスロ史上初の液晶搭載機
f:id:karutookaruto:20181013123858j:image

≪サミーのゲゲゲの鬼太郎≫

※SPではない方です

 

私は中押しにこだわって打っておりました。

青7️⃣を中リール中段付近に押し

下段に青7️⃣が止まると


f:id:karutookaruto:20190214095824j:image

と言う目が止まります。

 

 

※古すぎる記事の為、リール配列が見つけられず、イメージ画像となっておりますm(__)m

 

 

 

右リールを適当押し!


f:id:karutookaruto:20190214100004j:image

 

【当たり🎯】

   と言うリーチ目になります。

 

大体7️⃣が下段に止まると

小役がテンパイしてしまうのですが、

一瞬の違和感!と、共に

飛び込んでくるリーチ目の快感

覚えてしまったのです。

 

 

   次に

技術介入の楽しさを知った機種

大ヒット機種「花火」「大花火」に続くドンちゃんシリーズの第3弾


f:id:karutookaruto:20181013130510j:image

≪アルゼのドンちゃん2≫

 

この台は

BIG中の「10枚役の提灯」と「4枚役のチェリー」を複合(14枚役)

をビタ押しで獲得出来る

と言う、技術介入がありました。

 

 

ボーナス中の技術介入には

リプレイ外し
小役フォロー(スイカ・ベル)

そして、14枚役の獲得


f:id:karutookaruto:20190214101038j:image

と停止したら

 

 

左リールをビタ押し


f:id:karutookaruto:20190214101053j:image

 

上記が成功❗️

14枚役獲得です

 

 

14枚役が狙えない人はベル🔔を通常でとります。

そして、ビタを失敗すると、14枚役が4枚、最悪0枚獲得へと期待値を落としてしまいます。

 

ビタをするかしないかは、

己の自信次第なのです❗️

 

 

 

己の力次第で【機械割】が大きく変わるのです。

 

私はいつも一人でひっそりとスロットを

打っていました。

ですから、情報においては他の方々より劣っていました。

 

昔は≪情報誌≫が主流でしたが、

それを買うことはできず、

友達とスロットを打つことも出来ない。

 

だから楽しみは

技術介入を駆使し、リーチ目を堪能する

のみと言う日々が始まったのです。

 

その頃のパチスロの世界は

女性が少なく、

技術介入をしている女性(学生)

は更に少なかった様に思います。

 

その後私の好きな

ゲゲゲの鬼太郎が姿を消し

ドンちゃん2もあまり見かけなくなりました。

 

社会人になる頃(2002年以降)には

HANABI・サンダー

等はまだちらほら残っており、台を見つけては

リーチ目を探す日々

を送っていました。

 

その後の経過につきましては

下記の記事に細かく詳細を載せておりますので、よろしければ私の生きてきた時代も見てみて下さい。↓こちらの記事です

スロット養分の私が今に至るまで - Aタイプ愛で勝つ!主婦りんご

 

 

その後紆余曲折を経て

 

私の現在の実践に大きな影響を与えた

A-PROJECT
f:id:karutookaruto:20181013135622j:image

が立ち上がったのです。

 

 

私にとって

とても大きな意味を持つ

時代へと変わってくれました。

 

               

≪現在≫
アクロス系がメインのAタイプを

独自の理論に基づく立ち回り

↓※こちらの記事に詳細がございます

Aタイプの小役理論 勝つための自分なりのくじ引き論 - Aタイプ愛で勝つ!主婦りんご

 

 

を基にただただ楽しんでスロットを打っております。

 


≪実践内容≫について

・他ではあまり見ることが出来ない程、小役の細かい状況を記事に取り入れています。
・設定判別だけでなく、小役の偏りを詳細に調べ、最終的な小役のみに限らず、途中経過や、やめる根拠を小役の偏りから判断している実践も取り入れており入れます。

・あるある思考等も取り入れて、少しでも共感頂けるような、気持ちや思考等も分かりやすく表現していきたいと思っております。

・なるべく細かい状況を載せる事で、単なる日記にならないよう心掛けます。

 

少し長めの自己紹介になりましたが、
随時過去の事も含めながら、実践記事と共に掲載していこうと思いますので、よろしくお願い致します。