karutookaruto(Aタイプラブ主婦りんご)

Aタイプ愛で勝つ!主婦りんご

リーチ目・技術介入・機械割りと言う言葉が大好きなAタイプをこよなく愛する主婦のブログです

にほんブログ村 スロットブログ 女性スロッターへ
にほんブログ村 楽しい記事を書ける様努力します

まだ間に合うディスクアップ 打ち方とマイホデータ

スポンサーリンク



≪まえがき≫

私はAタイプと言う、いわゆるノーマル機が大好きな主婦りんごです。

しかし、A➕ART機のディスクアップに心奪われつつあります・・

徹底的にこの台を勉強し、良さを広めて行きたい。

そして、こう言う台が6号機でも何とか出来て欲しいと願うりんご。

規制とか機械の仕様とかあんまり理解していないので、今後がどの様な時代になるのかわからない。

でも、ノーマル機は作り難い時代に入っていく事は多少理解し始めているりんご。

そんなりんごが、ディスクアップのデータを積み上げて行きたいと思い、少しずつ記事にしていくことを決めました。

そして、まだディスクアップに触れていない方にも、りんご目線で、難しい事は抜きにして、簡単な説明をしていきたいと思い記事にしました。

まえがきが長くなりましたが

 

~では、どうぞ~

 

ディスクアップとはどんな機種?

≪基本情報≫

f:id:karutookaruto:20181124005045j:image

 

簡単に説明しますと、

①BIGボーナスを当てる

       ↓

②ARTへ以降する

       ↓

③ART中にボーナスを当てる

        ↓

④ARTのゲーム数が増える

        ↓

⑤ART終了

 

 

⑤に行ったら、また①を目指して打つ!

 

③→④→③→④を繰り返す事で枚数を増やせる

 

と言う、簡単な台です( *・ω・)ノ

 

では、もう少し踏み込んで説明します。

 

≪打ち方≫



f:id:karutookaruto:20181124154823j:image




左リールに赤7を狙う方法もありますし、そこにも楽しい法則があるのですが、取り敢えずはこの『バー』を上段付近に狙うのが、私のお薦めです。

 

スイカ🍉は演出がなければ揃いませんので、適当順押しも出来ますが、演出音が出たときに、第2リールまで手が止まらない事もありますので、スイカを取りこぼさない為には、挟み打ちが良いかもしれません。

 

≪ボーナス中の打ち方≫



f:id:karutookaruto:20181124013745j:image

上記の技術介入自体は何度でも挑戦できますし、クラセレはもとより、HANABIやバーサス等よりはシビアではないので大丈夫かと思います。

 

問題と言うか、この台一番のネックはやはり此れでしょう❗️


f:id:karutookaruto:20181124013211j:image

 

ビタなんて出来ないよ(;・ω・)

と言う方も多いと思いますが、私は

どんどんトライしちゃいましょう!

と思っています。

 

 

と言いますのも、

このビタ押しは、予告音か鳴っていなくても、練習ができるからです。

そして、中リール青7が見えれば、枠下辺りに狙えばオッケーなのです。

 

つまり、ビタをしなきゃいけない❗️❗️

と思うより、

タイミングさえ掴めば大丈夫!

と言う事です。


f:id:karutookaruto:20181124080533j:image

 

ビタが苦手な人は、ボーナス中にこれを何度も行い、少しずつ微調整をしていければ、きっと大丈夫です( *・ω・)ノ

 

ちなみに


f:id:karutookaruto:20181124081153j:image

半分出来ればまぁギリギリ打てると思いますし、

f:id:karutookaruto:20181124083639j:image

と言う事で、失敗しても必ずしも0とは限らないのです( *・ω・)ノ

※3択とは言われていますが、どうなんでしょうか?

 

ちなみに、ビタ以外にも

小役を取りこぼさない

すぐにボーナス察知

等の、要素も必要ではないの?

 

と思うかもしれませんし、実際そうなのですが、結局は

ART中にボーナスをいかに引けるのか?と言うのが大事になってきます。

 

ビタの成功率が上がる

          ↓

ARTのゲーム数が少し増える

          ↓

回転数を稼げる

&ART中のボーナスの可能性が高くなる

          ↓

勝ちやすくなる

          ↓

機械割が上がる

 

 

長い目で見れば、そう言う積み重ねが勝ちに繋がります

 

しかし、

ART中にBIGボーナスを引ければ

ハイパーBIGになり、ビタをしなくても、DJゲーム数が貰える❗️

ので、ビタができる人との差はなくなります。

 

また、ARTには


f:id:karutookaruto:20181124085642j:image

BIGボーナス中のビタでゲットしたゲーム数は必ず消化出来る

『DJ ZONE』

と、

約1/2でゲット出来る

『DANCE TIME』

の2種類があります❗️

 

しかも、この『DANCE TIME』には

ゲーム数の振分けがありますので、

己の引き次第では、良い展開に持っていけます❗️

 

≪ART中の注意点≫


f:id:karutookaruto:20181124140555j:image

・押し順に従うこと

・言われた図柄を左リール狙うこと



f:id:karutookaruto:20181124140726j:image

・パンク役が成立することがあるため回避すること

    ↓

簡単に言えば

通常通りバー狙いをいていれば特に問題なし!

 

つまり、気にしなくても大丈夫と言う事です。

 

上記の状態の時は、全ての役が成立している可能性があり、その中の一部にパンク役があると言うだけですので、普通にバー狙いでサクサクこなせばオッケーです。

 

この台は

技術介入と言う醍醐味

もありながら、

引きによる展開にも期待できる

と言う台になります。

 

 

ノーマルタイプはやはり、

設定とボーナス確率がものを言います。

それはそれで楽しみもありますし、

アクロス系はそこに技術介入も含まれ違う楽しさを味わえます。

 

 

しかし、このディスクアップは

そこに

ARTの引き

も➕され、更にハラハラドキドキを感じられると思います。

 

私が何より凄いと思うのは、

BIGを引けば

必ずARTがついてくる

と言う所です。

 

他のART機種は、ボーナスを引いても少ない枚数を貰えるだけで、

ARTへのハードルも高いです。

そして、ARTにいれないと始まらない台が殆どです。

 

しかし、ゲーム数や純増は少なくとも、必ずARTが貰えます。

その間はボーナスが引けるかどうか、レバー一振り一振りに気持ちを込めてハラハラドキドキできるのです( ´∀`)

そして、ART終了後は何も考えず即ヤメ(厳密には、転落リプを引くまで)してもいいのです。

 

打ち方と言うより、ディスクアップへの愛を熱く語り過ぎました(=^ェ^=)

 

興味のある方は打って見てください( ´∀`)

 

ただし、

思ったように勝てない❗️

騙された❗️

と言う苦情は受け付けておりませんので、

自己判断にてお願い致します。

 

 

 

それでは

ディスクアップの一週間の

マイホのデータを紹介

します❗️

 

こちらより一週間前のデータは

↓の記事にございますので、興味のある方は合わせてお読み下さい

ディスクアップは打てる台なのか? 私なりの考察 - Aタイプラブ主婦 りんご

f:id:karutookaruto:20181124142309j:image


f:id:karutookaruto:20181124142347j:image

 

まず、注目する点は当日のデータとなります。

こちらに関しましては、REG確率、ボーナス合算確率共に設定6の近似値になっています。

 

6日前もボーナス合算確率は当日の合算確率同様設定6の近似値になっています。

しかし、設定差のあるREGを引けていないことから、設定6とは言いづらいかなと考えます。

 

そして、一週間の合計データを見ると

トータルゲーム数49221G

BIG162回           1/303

REG84回            1/585

合算確率            1/200

 

1週間を通じて設定が入っていないと考えられます。

 

 

自分なりの考察

この台は、バーサスやHANABIの様に

奇偶で判別される台ではなく、

更に、ボーナス中のビタ時の上乗せなしに大きな設定判別がある程度だと思われます。

 


f:id:karutookaruto:20181124153023j:image

 

異色BIGやチェリー🍒REGにも設定差はありますが、分母が大きいこともあり、設定5or6の差を見出だせる程の要素はないと思われます。

バーサスの様に

設定1を否定する要素がある上で、奇数挙動の設定5を使う。

偶数挙動を見せておいて設定6を期待させつつ設定2を使う。

 

HANABIの様にほぼほぼ設定5、6が確定するボーナス中の外れがあるわけでもない。

 

つまり何が言いたいか?と言いますと、

 

設定2や設定5を使う理由が殆どない

と言う結論になるのではないか?と思われるのです。

 

何故なら、どんなに設定が入っていない状況でも、どんなにボーナス確率が悪い状態でも、毎日毎日6500G以上回っています。

この台は目押しが必要な事、ボーナスの消化時間もあることから、結構な時間打たれている台だと考えられます。

 

ですから、設定1を据え置きするor

髙設定をあると思わせるなら、『上乗せなし』が一番起きやすい

設定6を入れる。

 

それで充分だと思われます。

そもそも、同色BIGに設定差はなく、設定差がある異色BIGにつきましても、設定6を1日中打っても、片手で足りるのではないかと思われます。

しかも、特に恩恵もないただのBIGなのですから、いくら引かれても大した出玉にはならないのです。

 

だったら打つ時に設定1なのか6なのかの見極めと、

ほぼ設定1なのだから、勝ち逃げすれば良い

 

 

それだけでいいのではないかと考えます。

 

長々と考察してきましたが、まぁわかりきった結末だと言われればそれまでですけど・・

 

ただ、私は楽しさのあまり、いつまででも打ってしまうので、

自分に対する戒め

として記事にさせて頂きました。

 

ここまで、お読み頂きありがとうございましたm(__)m