karutookaruto(Aタイプラブ主婦りんご)

Aタイプ愛で勝つ!主婦りんご

リーチ目・技術介入・機械割りと言う言葉が大好きなAタイプをこよなく愛する主婦のブログです

競馬ゲームとスロット 旦那と私

スポンサーリンク

≪まえがき≫

前々から記事にしてみたいことがあった主婦りんご。

 

たいした話ではないですが、誰かに聞いてもらいたくて記事にしてしまったりんご。

 

良かったらお付き合い下さいm(__)m

 

~では、どうぞ~

 

 

 

本日はギャンブルをする上での思考について自分なりの見解をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

このお話は、まだ旦那と結婚する前の話になります。

 

私は旦那に出会ってから、デートでゲームセンターに行くことが増えました。

元々、スロットをしていた事もあり、メダルゲームも普通にやれました。

特に旦那が何かのゲームで大きくメダルをゲットしたため、お店に貯メダルがあり、それを使って遊べる事も大きかったと思います。

 

そこで二人がハマったのがf:id:karutookaruto:20181202092057j:image

 

育成も出来ますが、シンプルなベットが可能で、6馬~の少なめな馬券が買えるので、とても選びやすく、他の競馬ゲームではなく、この台を選んで遊んでいました。


f:id:karutookaruto:20181202092706j:image

↑配当も見やすく


f:id:karutookaruto:20181202092711j:image

↑馬主になっていなくても、100枚までベットが出来たと記憶しています。

 

 

ただ、今回はこのゲームを

紹介する事がメインではありません!

 

私はこの競馬ゲームから

 

旦那のギャンブル思考

と私のギャンブル思考が違うことに気付いたのです。

 

🔴旦那の癖

①一番人気にベットするのが嫌い

②大穴を当てたい。最低でも中穴

③100倍以上の配当には必ず1枚ずつベットしておく

④倍率10~50の配当はどれも当たりそうだととにかく細かく色々ベットをする

⑤当たっても、勝てた枚数が少ないと悔しがる

⑥コインがなくなるのも早いが、当てる時は大きい

 

買い方の例)

100倍以上✖️1枚       (全部に)

50~70倍✖️2、3枚   (選択して)

10~40倍✖️5枚         (選択して)

 

↑上記を1つのレースで実行

 

 

 

🔴私の癖

①一番人気より3~5番人気が好き

②一番人気を買う時は一点買いで大きめのベット

③レースによっては穴を買う

④ベット枚数より「少しでも増える」を続けるのが好き

⑤連続して当てることはあるが、増える枚数が極端に多いことは少ない

⑥大きく勝つことにより、当てること重視

 

 

買い方の例)

・1.1~1.9✖️40~50枚   (一点買い)

このレースだ!と言うレースに行い毎回ではない

 

・3~10倍以内✖️10枚   (4~6点選んで)

 

・レースによっては高配当に少しずつベット

 

↑上記を状況に合わせて選択して楽しむ

 

 

 

 

旦那に何故細かくベツトするのか?

何故一番人気にはベットしないのか?

と聞いてみた事があります。

 

⚫️旦那の答え

①一番人気は当たっても少ししか増えないから嬉しくない

②万馬券(100倍以上の配当)が出たときにベットしていなかったら悔しい❗️

 

≪つまり≫

当てることより、大きく勝てる事が一番嬉しい。と言う思考になっております。

滅多にない大きな当たりを逃さない為の保険を毎回かけている(ベットしている)

 

≪欠点≫

①レースが荒れないと当たらない。

②当たるか当たらないかは、実は自力ではなく、レース次第

ひたすらレースが荒れることを願っているので、荒れないと、荒れないから当たらないとなる

※ゲームなので、自力と言う概念はないかもしれませんが・・

 

 

≪私の欠点≫

堅い配当を買うことで、少しずつ増やすことができるが、外れが増えると取り返せなくなる。

自分の読みが当たることをとにかく求めるため、大きく勝ちたいと思う旦那より、実はギャンブル性が強いと自分では感じている。

 

 

競馬ゲームとスロットの関係

競馬ゲームを経て旦那と一緒にスロットに行くようになったのですが、

競馬ゲームへの向き合い方とスロットへの向き合い方、考え方が同じだなぁ~と感じる事が多々ありました。

 

🔴旦那のスロット思考

①少しの➕では悔しがる

②ちょっとずつ台を回して当たらないと思うと移動を繰り返す

③ハマっている台で当てたら連チャンを期待

④口癖はそろそろ連チャンする。小役がいいから設定良い、小役が悪いと設定悪い。と、座って30分位で判断する

⑤負ける事は多いが、大きな勝ちもある。

⑥ゴッドを引いてない台はそろそろ引けると思う!と本気で言う、たまにそれを実現

⑦高設定が入ってること前提での立ち回り

 

 

🔴私のスロット思考

①設定判別はかなり回さないとわからないと常に思っている(確定演出以外)

②小役の落ちは気にするが、設定判別と言う概念だけでなく、移動する為にも利用

③これと決めたらむやみに動かず、1台に投資をする方が良いと思っている。

④設定が入っていない事を前提に立ち回る

⑤ART機種は怖くて打てないが、Aタイプでも投資がかさむことはある

⑥大きな勝ちは出来ないが、少しずつの勝ちを積み重ねる事に喜びを感じる

⑦極論負けなければいい

 

と言ったように、旦那と私の立ち回りは全くもって異なります。

 

ただ、どちらが正しいとか、どちらが勝てると言う話ではないのですが、自分を知ること、相手をしることで、より良い方法を考えていくことは出来るのかもしれないと思いました。

 

 

思考から考えるギャンブル

上記の様に、ギャンブルと言っても、人によって考え方や向き合い方が違うとわかりました。

 

自分の欠点や考え方を客観的に判断することで、熱くなりすぎたりしない方法を考える時間を作るのは大事な事だと思います。

 

 

昔の私は「一か八かタイプ」だったため、大きく負けていました。

そして熱くなりやすく、歯止めが効かないこともありました。

 

自分を知ることにより、今のAタイプへとシフトしていきました。

私の中ではそれが1つの道を見つけられたのだと思います。

 

 

逆に、私の旦那の思考では、私と同じ立ち回りでは満足も出来ないでしょうし、私と同じ立ち回りをしたら、きっと今以上に勝てなくなるのだとも感じています。

私より旦那の方が、大きく勝ちたいと思っていても、歯止めが効かなくなることは少なめです。

結果が全てなので、大きく負けるのも怖い人だからです。

 

私は大きく負けるのも嫌ですが、過程を楽しみたい上、スロット自体を楽しんでしまっているので、いつまでもやりたくなってしまうのです。

 

みなさんはどちらのタイプでしょうか?

もしかしたら、全く別の思考かもしれません。

むしろ、考え方は人それぞれだから面白いのだと思います。

 

一度立ち止まり、自分はどういう思考で、どういう立ち回りをすることが本当は合っているのか?考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

おまけの私

 

実はここだけの話です、私は大きく勝つことに不安を持っています。

2、3000枚1つの機種で出てしまうと、何か悪いことが起きるのではないか?

運をここで使ってしまったのではないか?

とすぐ思ってしまう癖があります。

 

万枚を出したことは3回しかないのですが、その時も、とにかく怖かったのを覚えています。

嬉しいけど、怖いのです。

 

今は特にノーマルタイプメインなので、5000枚いくことも滅多にないので、少しずつの勝ちでいいのです。

 

ちなみに、私は別積みされるのが物凄く苦手です。

目立ちたくないこともありますし、別積みされた途端にはまるのではないか?

誰かに妬まれるのではないか?

と不安になるからです。

 

そう言う時は早々にコインをカードに貯玉します。

 

 

 

 

 

・・・・と言う経験を

最近はしていないなぁ~と思う今日この頃です( *・ω・)ノ

 

 

私はみなさんとスロットについてお話出来たら楽しいなぁ~と思っていますので、

何かありましたら、気軽にコメントお願いします(*^^*)