karutookaruto(Aタイプラブ主婦りんご)

Aタイプ愛で勝つ!主婦りんご

リーチ目大好物!楽しんで勝つがモットー!!

【失敗談】スロットを打ってると色々ありますよね!【雑談】

スポンサーリンク

≪まえがき≫

またまた実践記事のストックがなくなりました、主婦りんごです(・ω・)ノ

たまには自分の事でも少しお話しましょうかね(^-^)v
えっ?(°▽°)興味がない?!
まーそうですよねぇ~
今から独り言でも話します(°▽°)


私は動物占い(えっ?古い?)で言うと
『チャレンジ精神旺盛なひつじ』
です(・ω・)ノ

ひつじタイプをざっくり言えば
寂しがり屋
人との和を大事にする
こんな感じです

ひつじの中でも細かく分類すると、
チャレンジ精神旺盛なひつじ
になるのですが、
こんな性格!と言うのがある中
これは全然違うなぁ~と思ったのは

🔴流行りに敏感

全く持ってそういう事はありません

新発売の商品にはほぼ手を出しません
(・ω・)ノ
自分が好きな物が出たなら飛び付きますが、新発売だからと言って試すタイプではないです

安定思考なので、信じた物をひたすら選びます(・ω・)

花火・ハナハナ・ディスクアップ
ねっ(・ω・)ノ


ま、動物占いは誕生日から導かれますから、根本的に持っていた性格なんでしょうね(・∀・)ノ

しかし、人は
『経験』『育ってきた環境』『周りの友達』etc・・・


生きていく上で関わってきた人や環境によって

『考え方』が変わったり、生きていく術を学んだりして、
根本的な性格を変えていくものだと私は思っています(*´∀`)



特に失敗から多くを学びますよねぇ~


~では、どうぞ~




f:id:karutookaruto:20191124072018j:plain




今回は自分の失敗談や養分時代のエピソードをざっくり話して行きたいと思います
(*´∀`)




が、まぁ失敗談と言っても、結構あるあるじゃないかなぁ~と思いますのでさらっと行きます(・∀・)ノ




失敗談


f:id:karutookaruto:20191123151123j:plain


まだスロットと言うものに不馴れな頃、焦っていたのかどうかも良く思い出せないのですが、


🔴『景品カウンターにコイン』


をそのまま持って行ってしまったんですよね(°▽°)


そしたら、女性店員さんに

『ハァ?!( `Д´)/ここに持ってこられても・・・』

『ヒィィィィー、すみません!』


確かに、カウンターにコイン丸々持って来られたらびっくりしますよね( ̄▽ ̄;)

あの節はすみませんm(_ _)m





f:id:karutookaruto:20191123152809j:plain


大花火を打っている時の話です

この大花火を簡単に説明すると
MAX711枚取れる!
リーチ目多彩!
ボーナス中の技術介入あり!

みたいな機種でした


ボーナス合算はこんな感じ↓です
f:id:karutookaruto:20191123153003j:plain

設定に期待できない状態の上、私は養分です!ですから中々当てることが出来ません


しかし、リーチ目が見たい!たくさん当てたい!そう考えて私はひたすら投資をしています(°▽°)
すると、ようやくBIGを引けたのです!

嬉しさもあり興奮してます!
ボーナス中も目押しがありメチャメチャ熱くなります!


と、少ししたらエラーが!
店員さんを呼びます


エラーの理由は・・・


🔴コインを詰まらせてエラー

私が下皿のコインを排出口から横に動かさずひたすら台に集中していたため、入り口が塞がれた事によってコイン詰りを起こしてしまったんです(°▽°)


女性店員さんに
『コインをつまらせないで下さい!』

と。


忙しいのに、機械の故障ではなく、私による人災ですから怒りますよね(°▽°)


その節はすみませんm(_ _)m





あとは、普通にドル箱を台にかけて遊戯していたら、かけているところが何かの拍子で外れて落としてしまい、コインを散らかしたり、
コイン貸し出し機のノズルが下皿からズレているのに気付かずボタンを押したら、コインが散らかった!


何て事は良くあることですよね(・ω・)ノ

たまに、台の上にある空のドル箱が浅めに置いてあって、台を普通に打ってるだけなのに、振動で少しずつズレて来て、頭に降って来た!
何て事もあります!



なので、私は台に座ったら、今でもドル箱が少し手前にずれてたりすると、必ず押しこんで、しっかり奥まで入っていることを確認してから実践しています(°▽°)




養分エピソード


私の養分時代は、知識がガバガバでした!
リーチ目や技術介入に関しては好きだったので、理屈を理解して覚えるのは得意だったのですが、
『ゾーン』『狙い目』『やめ時』については本当に知らないことが多く打っていました!

まぁ、良い鴨です(°▽°)

で、その時は気づいていなかったけど・・・と言うお話です!

その対象機種は

🔴吉宗

f:id:karutookaruto:20191123183913j:plain

この台の事を知ってる方は多いと思いますので、詳しくは話しませんが、

・4号機でMAX711枚を獲得出来る
・1G連で出玉を一気に増やせる
・天井は1920Gとかなり深い


なので、中々当てることが出来ないが、天国ループしたり、ストックを放出することで、大きな出玉を確保出来ると言う台でした。

その日も仕事の後スロットで楽しんでいました。

そして、何と吉宗で当たりを引けていたのです。
しかも

f:id:karutookaruto:20191123184753j:plain
↑鷹狩りからのボーナスでした


しかし、そのボーナスを消化していたら
男友達から電話がかかってきました。
しかも、時間差で別の男友達からも。

誰にもスロットをしていることは話していません。

何か用があるのか??

そんな事を考えつつボーナスを消化し終えました。
スロット中に電話を出ることは出来ないし、電話を無視する事も出来ない・・・
と言うことで、出した結果が

この台をやめて帰る!!

でした。




ここで、吉宗と言う台を知っている人なら

『えっ?!(°Д°)』

ってなると思います!
が、私はその当時それを知りませんでした


そう!この
『鷹狩り』からボーナス当選した場合は
次回天国が確定なのです!
(※厳密には確定でない場合も・・)


そして、実際に私がやめを決断した時に、店員さんも教えてくれていました!


『まだ当たりますよ!やめて大丈夫ですか?』

と。


( ・`д・´)『やめます!』



もちろんそれを見ていた人が私の台を即確保し打ち始めた事も気付いていましたが、

『当たらなかったらいいなぁ~』

と、私は無駄な願いをしていました。


ちなみに
私が男友達の電話で慌ててやめたのは、

常に隠れてスロットを打ってる事に
“罪悪感や不安を抱えていた”
からです。

後ろめたい気持ちがあると、
『車でバレたのか?』
とか、早く電話しないと
『怪しまれるのでは?』

と、色々な事を考えてしまうものなんですよねぇ~

と、もう一つ理由があります。
電話をしてきた二人の内、一人は私が好きだった人なのです。


そして、車に乗り込み電話をかけました。

どうしたの?と。


二人は一緒にいたみたいなのですが、
二人で私に電話をかけて、どっちが先に電話をとってもらえるか?もしくはかけ直してもらえるか?

と言うのを試してみただけとのこと!


『ナンジャソリャー!!( `Д´)/』


もちろん私は、好きな人!じゃない方の友達に先にかけ直しましたけどね
( ̄^ ̄)






最後のお話です!


独身時代は、今とは違い万札を何枚もお財布に入れてました。

理由は簡単!爆裂機が横行し、出るのは早いが、投資のスピードも早かったので、必然的に万札がたくさん必要でした


今回のお話は

🔴アラジン2エボリューション
f:id:karutookaruto:20191123232854j:plain


こちらも4号機のストック機です

が、この台に関しても当時から知識はガバガバでした

ただ、勢いに乗ると、浅いゲーム数でジャンジャンボーナスが当たり、コインがどんどん増えて行くのです

それを経験した私は、その当たり方が忘れられず、ハマっても出れば捲れると思い、どんどん投資をします


ただ、そう簡単には連チャンしません
当たってもまたハマル・・・を繰り返します

当時はまだ万札を千円札に両替してから貸出しを行っていたのですが、
8枚目か9枚目位の両替だったと思います

店員さんに声をかけられました

『もうやめた方が良いですよ』

と。さわやかに言われました


~~~
その店員さんは20代後半~30代位のさわやかな感じの方でした。

私は基本的にスロットを打っている時は、人との関わりを遮断しています。
もちろんコインを流す時や、声をかけられたりしたときは愛想良くしますが、基本は黙々と打つタイプです。

しかし、そんな中、結構話しかけてくれるような店員さんで、
落ちているコインを集めたら、何度もソッと下皿に入れてくれてました。
その際にちょこちょこお話をしていました。あまりに養分な私を気遣ってくれるような方だったのかなぁと思います。
~~~




しかし、やめた方が良いですよ、と声をかけられた私は、

『大丈夫です』とにこやかに返し

結局両替した千円札を握りしめて台へと戻り、当たらないままお店を後にしました・・・

そして、その後そのお店には行きづらくなってしまい、とうとう行くことはなくなってしまいました。

その台を打っていた当時は、仕事で今とは違う県にいたので、当時のエピソードとは関係なく、間もなくして行くことは出来なくなってしまいました。




ただ、店員さんに

『打つことを止められる』

って、あるんだなぁ~って。今も思い出します。



優しさで声をかけてくれたことはわかっていたのですが、
当時はそんな風に声をかけられてしまう自分が情けなく、恥ずかしくなってしまったのだと思います。


大丈夫です

と咄嗟に発したのも、
お金に余裕はあるんですよ
決して熱くなってる訳じゃないんですよ

って言う、強がりだったように思います。


あの時、店員であるにも関わらず、私の行為を止めてくれた方に、ちゃんとお礼が言えなかったので・・・


あの時は
ありがとうございましたm(_ _)m
素直に聞き入れなくてすみませんでした






にほんブログ村 スロットブログ 女性スロッターへ
にほんブログ村






今も養分であることは間違いないのですが、
あの頃の自分をさらけだすと、びっくりするくらいの養分で恥ずかしくなります
(°▽°)



しかし、そう言う経験があるからこそ今がある!と思っています。



本日もくだらないお話にお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m

中々言葉で伝えるのが難しく、イメージしづらい話もあったかもしれませんが、お許し下さいm(_ _)m






にほんブログ村 スロットブログ 女性スロッターへ
にほんブログ村